職人たち

地域No.1 創業36年 900棟の実績

福家産業の職人達

 

daikusyokunin

磐城育ちの棟梁が 魂を込めて建てる一流の家。

福家産業の家は、信頼のおける12人の磐城棟梁たちが施工しています。
みな確かな腕と真摯な姿勢で仕事に取り組む当社の良きパートナーです。腕に覚えのある棟梁達が建てる家だからこそお客様にご提供できる、一流の住みやすさ・安心感があります。

 

 

福家自慢の磐城棟梁

 職人たち

丁寧・真面目な仕事が身上。

その腕と心意気を信頼し、常に意思疎通をはかれる磐城棟梁だからこそ実現できる福家産業の家づくり。

 

お客様より承った施工を、見ず知らずの大工さんに丸投げするようなやり方は決して行いません。

  

 

信頼で結ばれた棟梁たち。

叩き上げの磐城棟梁たちが己の誇りをかけ、わずかなくるいも許さないこだわりの仕事で強さと心地よさを極めた家をつくります。木や家を知り尽くした職人ならではの仕上がりが魅力です。

 

 

施工中の対話も大事にします。

棟梁たちは頑固一徹な職人気質だけではなく、より良い仕上がりとなるようお客様との施工中の会話も大事にしています。

 

 

 大工

[棟梁]鯨岡 正巳

[棟梁]鯨岡 正巳

  • 大工歴:37年
  • 家族:妻・娘
  • 目指す家造り:再生しやすい家

施主さんと直接腹を割って話をし、より良くなるように変えていくのが、現場を任された自分のつとめだと思っています。施主さんの気持ちになりきって家造りをするのが私のやり方なんです。

[棟梁]山内 正夫

[棟梁]山内 正夫

  • 大工歴:37年
  • 家族:妻・長女・母
  • 目指す家造り:デザイン住宅

いい大工の見分け方は、現場がきれいになっているかどうか。現場がきちっとしている人は、仕事もきちっとしています。そういう意味では、自分の普段通りの姿が出てしまう、こわい仕事だと思いますね、大工という仕事は。

[棟梁]小林 清一

[棟梁]小林 清一

  • 大工歴:35年
  • 家族:妻・長女・次女・長男
  • 目指す家造り:地震に強い家

ものを造る職人は色々いますが、中でも家が一番大きいものです。

施主さんにとっても一生の夢と言えるでしょう、家って。その夢を叶える仕事をしているんだから半端な気持ちでは出来ない仕事だと思っています。いい仕事をして満足して頂けるよう、実際毎日が努力の連続です(笑)。

[棟梁]小林 清一

[棟梁]小林 敏行

  • 大工歴:33年
  • 家族:妻・娘2人・息子1人
  • 目指す家造り:高気密・高断熱の家

大工一筋でやってきました。まだまだ若い人には負けませんよ(笑)
これからもたくさんいい家を造っていきます。木造住宅はやはり心が安まるものです。造っている本人が言うんだから、間違いないですよ(笑)

koudaka

[棟梁]香高 忠三

  • 大工歴:35年
  • 家族:妻・息子夫婦・孫2人
  • 目指す家造り:住む人が幸せを感じる家づくり

私は大工になり30年以上になります。これまで150棟以上の家を手掛けてきました。自分が手掛けた家の施主さんから、大工指名で次の施主さんを紹介して頂くこともあり、大工冥利に尽きることで嬉しく思いますし、施主さんには本当に感謝しています。又、そんな、大工としての喜びを味わえるような後継者も育てていきたいと考えています。

dosida

[棟梁]土志田 菊雄

  • 大工歴:33年
  • 家族:妻・息子・娘
  • 目指す家造り:災害に強い家造り

私が棟梁として初めて施工した家は、間口も狭く厳しい条件のものでした。しかし、施主さんには喜んで頂くことが出来「土志田さんにやっていただいて良かった」と、笑顔を見せられた時、つくづく大工をやっていて良かったと思いました。印象に残っているのは、建前から引き渡しまで2ヶ月と少しという工期の非常に短い物件です。施主さんも心配で毎日現場に足を運んでくれました。私も必死でしたが、真剣にやっているとお客様にもそれが伝わるんですね。大変喜んで頂けました。

 

家づくりで心掛けていることは、施主さんとのコミュニケーションです。図面は出来ているし、技術も決まっている。後はそこだけなんです。図面だけで判断出来ない部分は、私ならこうしますがどうでしょうかと、施主さんと相談しながら進めていきます。そこが注文住宅づくりに携わる大工の醍醐味といえるのではないかと思っています。

 

 

基礎

[基礎](有)櫛田土木  櫛田社長

[基礎](有)櫛田土木  櫛田社長

  • 仕事の喜び

    この仕事についたのは、手に職をつけたかったからですが、仕事を始めてからは、「人とのふれあい」や「工事が完了した時の達成感」にやってて良かったと思います。
    でも、この仕事は天候に左右されますので、梅雨の時期や台風の季節には予定通りに現場が進まず苦労します。

仕事へのプライド

休みの日はもっぱら釣りを楽しんでいます。釣りに没頭することで日頃の疲れを癒しています。

私は職人として、誰が見ても恥ずかしくない仕事をしたいと日頃から心しています。 この仕事を始めて、仕事に対して達成感や充実感を味わうことができました。これからも一つ一つの現場を、お客様も自分自身も満足できるように仕事をしていきたいと思います。

私自身、誇りを持って仕事をしていますので、皆さんも自分の仕事に誇りを持って!と言いたいです。

 

 

内装

[クロス](有)インテリアヒルタ  蛭田社長

[クロス](有)インテリアヒルタ  蛭田社長

  • 仕事の喜び

    学生時代、たまたまアルバイト先の現場で内装の仕事を見て「これだ!」と直感しました。この仕事は、覚えなければいけない材料がとても多いから、それを覚えるまで悩みました。
    でも、仕事が完了した時、提案したプランを喜んでくれるお客様の笑顔を見ると、そんな苦労なんて無くなってしまう。そこがこの仕事の一番の喜びだと思います。

仕事へのプライド

休日は、趣味を楽しんだり、リフレッシュするよう心掛けています。また逆に何もしない時間を楽しんだり・・・。やっぱり何事もメリハリが大切だと思います。私は職人として常に向上心を持ち、ご提案する材質にも探求心を持ち続けようと決めています。また、現場シュミレーションを欠かさないよう心掛けてもいます。

インテリアは終わればステキな空間作りと言えるのですが、その為の前作業が想像以上に多いんです。けれど私は見えない部分の苦労を決して怠ることなく正直に仕事をしていくというポリシーを守り続けています。 アドバイザーとしてお客様のお役に立ちたいという想いには、終わりはありません。内装の仕事は私にお任せ下さい!!

[クロス](有)インテリア本田  本田社長

[クロス](有)インテリア本田  本田社長

  • 仕事の喜び

    35年前叔父が営んでいた表具店を手伝っていたことがきっかけで、この仕事を始めました。それから今までの間に3人の弟子を育ててきました(そのうち、2人はすでに独立)。3人の弟子を一人前にするには多少なりとも苦労がありましたが、その分喜びも大きいです。難しい仕事を仕上げ、直接お客様から喜びの声をいただけたり、また沢山の人に出会えて自分自身成長することが出来たなど、この仕事を通して得られる喜びは数え切れませんね(笑)。

仕事へのプライド

私の仕事は、技術に「これで終わり」という区切りがありません。ですから、仕事のON・OFFを切り替え、仕事に対しては日々向上心を持ち続けることを信条としています。

休みの日には息子の野球部の追っかけ(笑)をしたり、自分でもソフトボールをしているのでその練習をしたりして体力づくりを兼ねつつ、リフレッシュしています。私は現場主義ですので、体力の続く限り、生涯現役を目指しています。

家造りは人づくりと言います。家庭における父(一家の大黒柱)・母(縁の下の力持ち)のコンビネーションは非常に大切だと感じています。ですから私は、これからも家庭における自分の役割を精一杯頑張り、また仕事では常に向上心を忘れず、全力投球していきたいと思っています!

 

 

外装

[外壁](有)朝日建工  野島課長

[外壁](有)朝日建工  野島課長

  • 仕事の喜び

    自分は、父親が外壁の仕事をしていましたので、この仕事を選びました。
    この仕事をしていて苦労するのは、人と人との信頼関係です。でも沢山の人と出会えて、いろんな話を聞く中で、いろんなチャンスにも巡り会えるということが、この仕事をしていて良かったと思う点ですね。

仕事へのプライド

休日はもっぱらゴルフを楽しんでいましたが、今は息子の少年野球の応援に時間を費やしています。

仕事は営業ですが、一番こだわっていることは、お客様の立場に立つということです。

子供の頃から父の仕事を見ていましたので、今の仕事に対するギャップは感じませんが、建築業界は現在、若い職人さんが不足しています。ですからこれからは、若い職人さんを育てていきたいと思います。手に職を付けたいと思っている方は、是非連絡下さい。待っています。

[屋根](株)マルエイ  齋藤部長

[屋根](株)マルエイ  齋藤部長

  • 仕事の喜び

    建設業に興味がありましたので、この仕事に就いたのですが、作業中、夏は非常に暑く、冬は非常に寒いという点で苦労しています。
    けれど、完成後、お客様に喜んで頂けたときが、この仕事をしていて良かったと思える時です。

仕事へのプライド

休みの日は、日帰り温泉やゴルフなどでリフレッシュしています。

職人としてこだわっていることは、他社がやっていない品質向上を常に考えていることです。

小さな工事から大きな工事まで、『マルエイ』なら安心して任せることが出来るという信頼を確立し、瓦の良さをアピールしていきたいと思います。施工は勿論、アフターも万全です。安心してお任せ下さい。

 

 

電気工事

[電気](有)新電気工業  細田社長 

[電気](有)新電気工業  細田社長

  • 仕事の喜び

    私は工業系の学校に進みましたので、この仕事に就きました。
    電気工事の仕事はライフラインの仕事なので、時間的に、即対応しなければなりません。そういう意味では、拘束感がありますので心身共にきつい時もあります。
    けれど竣工後、お客様の満足された顔を見ると喜びを感じます。

仕事へのプライド

休みの日は花づくりが好きですので、園芸を楽しんでいます。

電気関係は日々新しいものに変わっております。ですから、高度な技術・情報をすばやく会得して、お客様のニーズに沿った仕事をすることを大切に考えています。

近年、技術の進歩が著しく、着いていくのが精一杯と感じるときもありますが、出来る限り努力し精進して行こうと思っています。

 

| トップページへ戻る |

▲ページTOP