地盤改良はどうして行うの?

地域No.1 創業36年 900棟の実績

地盤改良を行う目的を知っていますか?

 

工務部から、前回に引き続き地盤に関するお話を!!

 

家を建てる場合、地面に基礎を作り、その上に建物の構造体(柱・梁など)を組み上げ、外部工事(屋根・外壁工事など)や内部工事(大工工事・クロス工事など)を行っていきます。

 

地盤改良ー1

 

建物の要である基礎工事ですが、地盤にきちんとした安定性(地盤の強度)が必要となります。

 

それは、どんなに頑丈な建物を建てても、それを支えている地盤の強度が弱かったり、ばらつきがある場合には建物が傾いてしまうケースもあるからです。

 

地盤改良工事とは、土地の強度を一定に保ち、建物の安定性を確保するために行います。

もし、地盤面が強度不足等で建物が傾いてしまった場合、補修費用は何百万円という、大変大きな金額がかかってしまいます。
そのような事故を未然に防ぐため、当社は地盤調査を行い、必要に応じて改良工事を行ってまいります。

 

幸せな住まいづくりは、まずはしっかりとした地盤から!!

 

 

| お役立ち情報ブログへ戻る |

▲ページTOP