主婦だからこそ家事の動線考えて!

地域No.1 創業36年 900棟の実績

家事が大変になっちゃた?

 

 家事動線1

 

 

 住宅会社に家事の動線についての失敗例は数多く寄せられています。

 

家事動線2

  

家事動線3

 

家事動線5家事動線4

 

 

どうすれば失敗を未然に防げるでしょうか?

          

             

 

 『動線』は間取りづくりの基本です。

 

なかでも家事動線は毎日のことだけに、家事のしやすさに大きく影響します。

 

解   決   策   

 ① 料理と洗濯は同時に行うことが多いのでキッチンと洗濯機置き場は、なるべく近くに配置しましょう。

 

②  洗濯物の干場も洗濯機からなるべく近くが理想ですが、日照・外出時の雨等の問題で、2階バルコニーという方も、他の部屋を通ったりすることが無い範囲で、最短距離をめざしましょう。

ある例としては、2階バルコニーへ洗濯物を干す際に寝室を通らなくてはならない間取りにした為、夜勤明けのご主人が良く眠れないと言った失敗例があります。

2階ローカから直接バルコニーへ出られるドアを付ければ良かったのですが……。

 

③ 来客の多いご家庭は別ですが、それ程でもないご家庭はまずは毎日の家事の事を優先的に考えましょう。

ある例として、玄関のお客様からキッチンが見えてしまうのが嫌なので、ホールからキッチンへのドアを設けなかった為、洗濯をするにもグルッと回らなければならなくなったという失敗例があります。

たまにしか来ないお客様の事を重点に考えてしまった為に、毎日の事が不便になってしまいました………。

 

④ ご自分の間取りプランと近い完成現場や展示場に行って、実際の距離感というものを体験してみることをお勧めします。図面上では、「大した事はない」と思っても、実際は「けっこうあるなぁ」となる方が大勢います。

それが毎日となると……。

  

 

 

 主に家事を行う人を中心に、  

 

    図面上を歩いているつもりでじっくり検討しましょう。 

 

リ⑨

 

| お役立ち情報ブログへ戻る |

▲ページTOP