上手なインテリアの選び方~ソファの素材編

地域No.1 創業36年 900棟の実績

上手なインテリアの選び方 ~ソファの素材編~

 ソファの素材4

 

 

ソファの選び方1

 

 

上手なソファの選び方として、前回はソファの座り心地について

ご紹介させていただきましたが、

今回は、ソファの素材についてご紹介します。

皆さんは、ソファの生地にはどんなものが使われているのか

ご存知でしょうか?

 

 

 

素材の種類

ソファの選び方6

1) 本革 (レザー)

2) 合皮 (フェイクレザー)

3) 布   (ファブリック)

 

では実際にどのような違いがあるのかというと・・・・・

 

 

素材のメリット・デメリット

1) 本革

 

ソファの素材1

  メリット・・・・ 天然素材。高級感がある。汚れが付きにくい。

           経年変化によって味わいが出てくる。

            冬は暖かく、夏は冷たいと感じる(熱伝導率が高い)

            静電気を帯びにくい。埃が立ちにくい。

 

  デメリット・・・比較的高価。湿気・水に弱い。

           革独特の匂いがする。お手入れが比較的面倒。

 

 

2) 合皮

 

ソファの素材3

  メリット・・・・ 比較的安価。汚れを水拭きすることが出来る。

           汚れに強くお手入れが比較的簡単。

 

  デメリット・・・耐久性が余りなく、経年劣化が目立つ。

          熱伝導率が低い。通気性が悪い。

 

 

 

 

 

3) ファブリック(布)製品

 

ソファの素材2

  メリット・・・・比較的安価。通気性が良いものが多く、夏でも

          蒸れにくい。

           カバータイプは選択することで、清潔に保てる。

          寒い時期でも冷たい感覚がなく肌触りが良い。

          布の種類が多く、色・柄のバリエーションが豊富。

 

 デメリット・・・高級感が余りない。水分を吸収しやすいので

         汚れが染みになることがある。

         不衛生にしているとダニなどが発生する恐れが

         ある。埃が立ちやすい。


           以上が本革、合皮、布のそれぞれの特徴です。

                        いかがでしたでしょうか?

 

お好みや生活スタイルに合わせて

 

● どうせ買うなら永く使いたい・・・・・・それなら、本革?

 

● 布は嫌、でも巣の市でも安価で選びたい・・・・・・それなら、合皮?

 

● 子供が小さいから、洗えて清潔にしたい・・・・・・それなら、布?

 

  本革はほかの素材より高級感があると言われていますが

  見た目の印象だけでなく、ご自身のお好みや生活スタイルに

  合わせて素材を選んでみるのもいいかも知れませんね!

 

imeiji8

 

 

 

 

 

 

| お役立ち情報ブログへ戻る |

▲ページTOP