動きやすいスペースを考える編

地域No.1 創業36年 900棟の実績

「スペース」の基準は快適な空間作り

 スペース1

 

 

  衣替えの時期を迎え、冬物と夏物の服や毛布など、入れ替え

  したりしているお宅も多いのではないでしょうか。

 

  ところで、テーブルや家具など大きなものを配置する時に、その周りに

  どれくらいのスペースが必要か考えたことがありますか?

  数字として覚えておくと、ちょっとした模様替えや動線を考える時などにも役に立ちます。

 

  ということで、今回は 「スペース」 についてです。

 

スペースの基本

◎ 通行に必要なスペース

 

  まずは、歩くためのスペースから。

  小さな荷物を持って通るのに適した幅は 75cm です。

  すれ違う場所は、95cm 二人で歩く場合は 135cm を基準とします。

 

◎ 家具と壁のスペース

 

  ソファや座卓のような低い家具と壁の間に通路を考える場合は 60cm。

  低い家具と家具の間は 50cm です。

 

◎ 食事のためのスペース

 

  台所は家電や家具も多いので、狭くなりがちですね。

スペース2

  テーブルの大きさに対いてどれくらいの空間が必要でしょうか?  

  家族がぶつかったりせずに、快適に過ごせるスペースとは?

 

  ● 一人に必要な幅は 70cm です

             (二人並んで140cm)

  ● テーブルのへりから壁までの奥行きが 75~80cm。

 

  4人掛けのテーブルの場合、140cmの幅と、食器を置くために必要な奥行き 

  75~80cm のテーブルが必要になります。

  そのテーブルを置いて快適なスペースは

                            225cm x 170cm 必要です。

 

 

 

 

 

 ◎ サービスのためのスペース

 

  ダイニングキッチンの場合、システムキッチンとの幅も気になりますね。

  イスに座っている人の後ろを通るためには 60cm の幅が必要です。

  

  テーブルのへりから計ると 100cm~110cm の距離を取りたいものです。

  

  

  自宅のスペースがどれくらいあるか、ぜひ計ってみてください。

  ちょっと家具をずらすだけで、快適に過ごせるかもしれません!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| お役立ち情報ブログへ戻る |

▲ページTOP