簡易耐震診断

地域No.1 創業36年 900棟の実績

あなたのお家は安心ですか?

 

木造住宅の半数が倒壊の恐れあり!

 

耐震診断結果平成18年4月1日から平成21年6月30日までの3年3ヶ月間に木耐協で実施した 12,332件の耐震診断の結果をみると、全国には倒壊または大破壊の危険がある木造住宅 が84.73%も現存しています。阪神・淡路大震災では6,400人を超える 犠牲者が出ましたが、その8割にものぼる人々が家屋の倒壊などによる圧死でした。

 

診断件数:12,332件
診断期間:平成18年4月1日〜平成21年6月30日
診断条件:
(耐震診断対象家屋:昭和25年から平成12年5月までに着工された木造在来工法 2階建以下の建物)

築9年以上(平均築年数27.86年)

 

■耐震補強工事の平均施工金額

 

   136万3,528円

 (※日本木造住宅耐震補強事業者協同組合調べ)

 

 

耐震診断のチェックポイント

 

耐震性は構造や、家の形なども重要なポイントになります。
耐震性をチェックできます!

 

↓チェックポイントはこちら↓

 

足元・基礎のチェック建物の形のチェック筋かい・壁の割合チェック老朽度のチェック

 

 

耐震診断チェック1(地盤・基礎): まずは足元・基礎部分の強度を確認

 

基礎の部分は、住宅の強度・耐震性を判断するうえで非常に重要です。診断は基礎の造りと地盤の種類を総合して行います。

 

耐震強度

 

鉄筋コンクリート

鉄筋コンクリート

基礎に背筋されていることでコンクリートの強度が飛躍的に向上します。診断は図面や工事記録での確認とセンサーなどによるチェックが必要です。

無筋コンクリート

無筋コンクリート

鉄筋が入っていないコンクリート基礎は、鉄筋が入っているコンクリート基礎よりも強度が低く、地盤の影響や建物の重みなどで基礎にひび割れが発生しやすくなっています。

その他の基礎

その他の基礎

基礎となる石の上に「束立て」という木材を立てただけなので、地震が起きた時に浮き上がったり、ずれたりして、建物が倒壊する危険性があります。

 

チェックポイントに戻る

 

 

耐震診断チェック2(建物の形・壁の配置): シンプルでバランスの取れた形が地震に強い

 

建物の形と壁の配置も耐震性に大きく関係してきます。地震に強いのは平面的にも立面的にもバランスの取れたシンプルな形で、壁が各方向にバランスよく配置されている建物です。

 

【バランスの良い形】
家の形は正方形が理想的です。2階建てより平屋建てのほうが地震には強いと言われていますが、シンプルな形で総2階建てになっていればバランスは良く、比較的地震に強い建物と言えます。

 バランスの良い形

 

【バランスの悪い形】
L字型やコの字型など平面的に形が整っていない家や、1階部分より2階部分がせり出している家、1階に車庫や店舗があり、壁のない一面がある家などはバランスが悪く、地震発生時に建物がねじれる現象が起こり、耐震性が低くなります。

 バランスの悪い形

 

【バランスの良い壁の配置】
建物の中心から見て、各方向に同じくらいの割合で壁が配置されている。四隅に壁がある。

 

 

【バランスの悪い壁の配置】
ある一面が窓など開口部で占められ、壁が極端に少ない、4方向の壁の配置にばらつき。四隅に壁がある。

 

チェックポイントに戻る

 

 

耐震診断チェック3(筋かい・壁の割合):壁の種類・筋かいの有無と量を確認

 

筋かいと壁の量から建物が地震の横揺れに、どれだけ耐えられるかを診断することができます。

 

「筋かい」や「構造用合板」で壁の強度をアップ「筋かい」や「構造用合板」で壁の強度をアップ

 

筋かいとは柱と柱の間に斜めに組み込んだ木材のことです。筋かいがあることで地震力に抵抗することができます。構造用合板(耐震ボード)を貼り付けて地震力に抵抗するものです。

 

 

  壁の量が多いほど地震に強い壁の量が多いほど地震に強い

 

地震に対して強い家かどうかの大きな判断材料として、壁の量があげられます。建物は壁の量が多ければ多いほど地震に強く、少なければ少ないほど、地震に弱 くなります。12畳をこえるような大広間(例えば6畳と6畳の和室を襖だけで仕切っているような部屋など)があったり、2間以上続く大きな窓がある家など は必然的に壁の量が少なくなってしまうだけでなく、壁の配置バランスも悪い建物となり、耐震性はかなり低いものとなってしまいます。

 

 耐震強度

 

チェックポイントに戻る

 

 

耐震診断チェック4(老朽度):木材の腐朽、シロアリ被害でも家は倒壊する

 

建物の老朽化の原因は土台や柱の腐朽とシロアリ被害の2つに大別されます。老朽化が進むと建物はもろくなり、地震時に倒壊する危険が高まります。

 

【チェックポイント】

 

古い住宅では土台や柱などが腐朽していることが多く、放置しておくと耐震性が低下するだけでなく、
耐久力も低下し、家の寿命が短くなってしまいます。

 

 建物の老朽化

 

【耐震診断で何がわかるの?】

 

耐震診断の結果は「安全です」「一応安全です」「やや危険です」「倒壊または大破壊の危険があります」 4段階と評点で評価 されます。

それだけでなく、建物の重さの中心である「重心」の位置、建物の強さの中心である「剛心」の位置などもわかり具体的にどのような対策が必要なのかが分かります。

 

チェックポイントに戻る

 

 

まずは簡易診断! 

| トップページへ戻る |

▲ページTOP