我が家の耐震診断

地域No.1 創業36年 900棟の実績

我が家の耐震は大丈夫!? チェックしてみよう

次のチェックポイントに1つでもあてはまる項目がありましたら、専門家による耐震診断をされることをお勧めします。

 

野崎 慎二

今回の解説者 野崎 慎二 ( のざき しんじ )
一級建築士。(株)福家産業 設計室所属。

 

地震時の安全のためには、我が家の耐震性能を知ることが第一歩です。
我が家の耐震性をチェックすることで、地震の時に安心であるかどうかを身近に感じて頂くことが出来ます。

 

【チェック1】1981年(昭和56年)5月以前に建築された住宅である。

1981年6月に耐震基準が強化されましたが、阪神淡路大震災ではそれ以前に建築された建物に被害が多く出ました。

 

 

【チェック2】建物の南側は窓を大きくとって、壁はつけなかった。

壁のバランスが悪いと、壁の少ない部分は揺れが大きくなり先に壊れていきます。 

 

 

【チェック3】基礎にひび割れや、周りの塀や地盤に段差がある。

基礎に鉄筋が入っていなかったり、地盤が弱く沈下しているおそれがあります。 

 

 

【チェック4】室内で羽アリを見た。又は、近所でシロアリが出た。

このような場合、シロアリの被害で建物がやられている可能性があります。

 

 

【チェック5】少し強い風や弱い地震でも良く揺れる。

筋交(すじかい)などの耐力壁が少なくて揺れたり、地盤が弱くても揺れたりします。

 

 

【チェック6】2階を増築したが1階の壁補強はしていない。

階建ての耐力壁計算をして1階を補強しなければ、倒壊の恐れがあります。

 

 

【チェック7】ドアや襖の開け閉めがしにくい。

このような場合、住宅が傾いて変形している可能性があります。

 

 

【チェック8】押入にカビを発見したことがある。

床下の湿気などで土台などの木部を腐らせたり、シロアリが発生したりする恐れがあります。

 

 

これから家づくりをはじめる方へ

 

| 簡易耐震診断へ戻る |

▲ページTOP